心と身体から笑顔に

フリードリヒ・ニーチェの言葉は格言ばかりです。

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます!イズミです!

答えのない人生を生きている私たちは、自分の意志で判断しなければいけないことが多々あります。なにが正解かもわからない状況で周りの意見に流されず、自分を信じて進むこと。そんな状況のとき、言葉に頼りたくなりますよね。

ニーチェの言葉はまさに、そのとき求めている言葉が書かれています。『超訳 ニーチェの言葉』は高校生のときに出会い、住むところが変わっても常に家にありました。意識して本棚に入れて置いたわけではないのですが、常に近くにあった不思議な本です。

初めの一歩は自分への尊敬から

まだ何もしていない自分を、まだ実績のない自分を、人間として尊敬するんだ。

自分を尊敬すれば、悪いことなんてできなくなる。人間として軽蔑されるような行為をしなくなるものだ。

引用:超訳 ニーチェの言葉 著者:フリードリヒ・ニーチェ

自分を尊敬することからはじめる。よく根拠のない自信がある人は強い!といいますが、まさに、これだ!と思いました。

自分を尊敬することや信じることは結構難しいもの。どうしても自分を低くみてしまうため。それでは可能性を狭めてしまいます。可能性を広げたかったら、自分を尊敬することが大事。とても印象に残っている言葉です。

友人を求める前に自分自身を愛する

自分を本当に愛するためには、まず自分の力だけを使って何かに取り組まなければならない。自分の足で高みを目指して歩かなければならない。そこには苦痛がある。しかしそれは、心の筋肉を鍛える苦痛なのだ。

引用:超訳 ニーチェの言葉 著者:フリードリヒ・ニーチェ

自分を愛していないと孤独を感じる。孤独を感じると周りにいてくれる人を求める。そういう人は自分を愛せていないとのメッセージでした。

孤独を恐れている人は多いと思います。さまざまな本を読んでわかったのですが、孤独は悪いものではなく、高みを目指すのなら必ず必要なものです。

恐れず孤独になれる人は自分を愛している人。自分を愛し可能性を信じているから孤独になれるのかもしれません。ニーチェの本を読み感じるのは、ニーチェも孤独のなか生きていたということ。だからこそ響く言葉を残すことができたんだと思います。

常に考える

頑張ってもムダだーという考え方のことを『ニヒリズム』という

動物にとって“あきらめ”は死を意味する

そんな「頑張らなくてもいい」世の中でラクして生きることばかり考えている人間

それが『末人』だ

ツァラトゥストラはかく語りき 超人たれ! 原作:ニーチェ

マンガになっていて読みやすかったです。人はつい、ラクな方に流れていくもの。考えることをやめ、上を目指すことをやめる。ラクを求めたらキリがないです。自分に甘えてしまい、今日はいいや。って思うこともありますが、この言葉を聞くと前に進むエネルギーを得ます。

『動物にとって“あきらめ”は死を意味する。』

人もあきらめずに生きないといけませんね。

自分で決める

「しなくちゃいけない」じゃなく

何が「したい」かだ!

“こう生きねばならない”と教える神はもういない 

だから“どう生きたい”か自分で決めるんだ!

ツァラトゥストラはかく語りき 超人たれ! 原作:ニーチェ

自分の気持ちを押し潰して、周りに流されそうになることありますよね。世間体を気にしたり、常識だからといって自分の意思ではない行動をとること。

それは本当に大事なことですか?と問われている気がします。自分が何をしたいか。自分の生きたいように生きればいい!それを決めるのは自分だ!とのメッセージが詰まっています。

超人の生き方

ラクダのように重荷をいとわず

心の底から欲するものを獅子のように求め

そして幼子のように恍惚として人生とたわむれる

それが人間を「超える」人間

すなわち

「超人」の生き方だ!!

ツァラトゥストラはかく語りき 超人たれ! 原作:ニーチェ

何かを残す人になるには普通ではいけない。負荷をかけ続け全力で突っ走る人が超えていく。

自分の心が求めることに素直になり、それに対して負荷をかけ走り続ける。自分の至らなさを痛感させられる言葉です。強くも優しい言葉であり、言葉で奮い立たされますね。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2019 All Rights Reserved.