自律神経を整え身体の不調を改善する

自律神経を整える方法5選

自律神経を整えるオススメの方法

最近、体調が優れない…

こんなとき、ありませんか?

ゆっくり休んでも変わらず、睡眠をしっかり取っても変わらない。

心身ともに疲れているとき、もしかしたら自律神経が乱れているのかもしません。

自律神経とは

自律神経とは、私たちの大事な機能をコントロールしてくれてる神経のことです。

私たちの心臓は絶えず動き続けてくれてますし、血管も血液を流し続けてくれます。また、消化器系の内臓なんかも食べたものを消化、吸収、排泄とやってくれます。それらの臓器をコントロールしてくれてるのが自律神経です。

自律神経は私たちの意思ではコントロールすることが出来ず、状況に合わせて身体が勝手にコントロールしてくれます。

その自律神経は2つの役割に分かれます。

自律神経はアクセルの役割とブレーキの役割がある

自律神経の2つの役割、それを「アクセル」と「ブレーキ」、もしくは「ON」と「OFF」と言われることが多いです。

アクセルとブレーキとは、緊張している時とリラックスしている時それぞれで働く神経が変わってきます。

アクセルの働く緊張している時では「交感神経」が働きやすく、ブレーキであるリラックスしている時は「副交感神経」が働きやすくなります。

交感神経はアクセル

仕事中は交感神経が高まる

では、交感神経からお伝えします。

交感神経はアクセルの役割をしており、仕事中など緊張感がある時に働く神経です。

戦闘モードに近い状態なので、仕事中に交感神経が高まることによって効果を発揮しやすくなりますが、ずっと交感神経が高いままだと、疲れてしまいます。

仕事中は交感神経が優位、仕事が終わると副交感神経に移行するのが理想です。

副交感神経はブレーキ

リラックスしてるときは副交感神経が働く

リラックスしている時に働くのが副交感神経です。

副交感神経が高まることで、心身ともにリラックスでき回復が早くなります。

内臓系の器官も副交感神経が働いている時に動きやすいので、副交感神経が働く時間をつくることが身体にとっても大事になります。

いかに副交感神経を高めてリラックスできるか、それが心身の健康につながってきます。

自律神経を整えるためにすべきこと5選

普段何気なく生活していると自律神経は乱れてしまいます。

私たちの身体は繊細です。仕事の身体的ストレス、誰かからの何気ない一言など、些細なことでもストレスを感じ、それが身体に影響します。

ストレスを感じると危険を感じ、自身の身体を守ろうとするのが自律神経です。

ストレスの多い生活を送っていると自律神経は乱れてしまいます。その乱れてしまった自律神経を整えることが大事になります。

そこで自律神経を整えるオススメの方法をお伝えします。取り組みやすいのから毎日続けてみてください。

食事で自律神経を整える

まず1つ目が「食事」です。食事は私たいの身体をつくる基本となるもの。それなのに疎かにする人が多くいます。

食事で大事なのは、当たり前ですがバランスの良い食事です。何かを極端に制限したり、何かを過剰に摂取するのではなく、まずはバランスの良い食事を心がけてみてください。

食事のバランスが整うと、食べ物の吸収・排泄に影響する腸の調子がよくなります。

腸はデトックス(解毒)の約75%以上が関与していると言われる大事な臓器です。

バランスの良い食事で腸を良い状態に保つことが自律神経を整えることに繋がります。

バランスの良い食事ともう一つ大事なことが、できるだけ自炊をすることです。

外食やお弁当から自炊に変えるだけで、添加物の摂取量が一気に少なくなります。

食事をする際は、バランスと自炊を意識してみてください。

自律神経を整えるマッサージ

リラックスしたい!とおもった時に思いつくのが、「マッサージ」ではないでしょうか。

マッサージしてもらうと身体がほぐれ、とてもリラックスできますよね。

マッサージしてもらう時、全身をしてもらうのも良いですが、自律神経を整えるのにオススメなのは、「背中まわり」をマッサージしてもらうことです。

自律神経は背骨から出てきます。その背骨のまわりの筋肉がガチガチに固まっていると、自律神経が乱れてしまいます。

背中まわりをゆるめ、ほぐすことで自律神経は整ってきます。

ヨガマット・ピラティスリング(マジックサークル)・フォームローラー

なかなかマッサージに行けないって方は、フォームローラーが1つ家にあると便利です。

フォームローラーの上に寝るだけでも、姿勢がよくなり背中の筋肉はゆるみますし、上に寝て左右にゴロゴロ転がることで背中の筋肉をほぐすことができます。

家に1つあると便利なアイテムなので、マッサージになかなか行けない方にオススメです。

背骨の運動で自律神経を整える

マッサージのところで記したように自律神経は背骨から出ています。

そのため、背骨の動きを出すことが自律神経を整えることに繋がります。

joint by joint

この図でいうと、背中(胸椎)のところを動かすことが大事になります。

背骨には3つの方向の動きがあり、それぞれの動きを出すことが大事です。

3つの方向とは、「前後」「左右に倒す」「左右にひねる」の動きになります。

この背中の部分は、肩甲骨に挟まれて動きにくくなっており、しかも交感神経が出ているところなので、ストレスを感じると硬くなりやすいところです。

この部位を動かすことが自律神経を整えるのにとても大事になります。

オススメのエクササイズをInstagramにアップしてるので、ぜひそちらを見て動かしてみてください。

呼吸を意識する

自律神経は基本的に私たちの意思でコントロール出来ません。ただ、呼吸に関しては、唯一自律神経にアプローチ出来る方法と言われてます。

直接的にコントロール出来るわけではありませんが、吐く息と吸う息のバランスをコントロールすることで、自律神経の働きをコントロールすることが出来ます。

吐く息はリラックスに関する副交感神経を促し、吸う息は緊張を高める交感神経を促します。

そのため、心を落ち着けたい時、リラックスしたい時は、ゆっくり息を吐くことを強調されます。

普段の呼吸でも、1回の呼吸を深くゆっくり行うことが大事です。そうすることで副交感神経が高まり、自律神経が整いやすくなります。

吸う息と吐く息のバランスは1:2を意識してみましょう。

吸う息が4秒であれば、8秒かけてゆっくり吐く。

吸う息が5秒であれば、10秒かけてゆっくり吐く。

このようにして呼吸することで、自律神経は整ってきます。

癒やしの音楽で自律神経を整える

五感にアプローチすることは自律神経を整えるうえで大事になります。

自然や緑をみて癒やされたり、美味しいものを食べて気持ちをリラックスさせたり、心地よい感触で安らぎを求めたり、アロマの良い香りで癒やされたり、家の中に居ても五感にアプローチする方法はいくらでもあります。

その中でもオススメなのが、癒やしの音楽を流しておくことです。いまはYouTubeでいろんな音楽を聴くことが出来ますが、自然のBGMを流しておくことをオススメします。

普段何気なく過ごしている空間だからこそ、その空間が癒やしの空間に変わったら最高ですよね。僕もずっと落ち着く良い波動のBGMを流してます。

数日流しておくと、その音が当り前となり生活の一部となるのでオススメです。YouTubeでこんなBGMを探してみられてください。

 

自律神経が整うと心が楽になる

自律神経を整えるオススメの方法を5つご紹介しました。

自律神経が整うと身体だけでなく、心も楽になります。

私たちの心身の不調のほとんどに自律神経が関わってると言われています。

調子が悪くて検査したけど、検査では何も問題がなかった。そんな時、自律神経が乱れて影響していることが多いです。

自律神経の乱れが私たちの普段の生活の不調を招きます。

普段から気分良く過ごすためにも、自律神経を整えて良い身体の状態を保ちましょう。

 

自律神経を整えたい人におすすめ

Copyright© 美腸ピラティス【東京日本橋】 , 2021 All Rights Reserved.