身体から心を元気にする

やるべきことが分からないなら何か行動してみる

ゆうすけ
WRITER
 
やるべきことが分からないなら何か行動してみる
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

「何もすることがなくて時間が余ってる」

「何かしないといけないけど、何をすればいいか分からない」

そんなことありますよね。

少し前のボクがそうでした。何かしないといけないけど、何をすればいいか分からない。

そして、始めてはみるものの中途半端で終わってしまう。そんな経験を何度もしました。

そんな中でわかったことは、やり切るという気持ちが足りなかったということでした。行動が中途半端で終わってしまうのも気持ちが中途半端だったから。

とりあえずやってみるくらいの気持ちだったので、優先順位が低かったのです。

そこで、今回は気持ちを切り替えていろいろと行動をしています。

今回は、行動するなかで見えてきた景色をお伝えできればとおもい書いていくことにしました。

何も学ぶことがないのは行動してないから

何もすることがない。そう思っているとき私は何でも知っているつもりでした。

だから、勉強につかう時間はなく、時間を持て余していたんだとおもいます。

知っているつもりって本当に怖くて、自分の考えが全て正しいと思ってしまうんです。

そうなると、相手の話を受け入れられなくなり、相手は間違っていると思ってしまうんですね。

先日、傾聴の意味を知る機会がありました。

傾聴とは、「『他者肯定』と『自己否定』の繰り返し」だそうです。

相手の話を受け入れるためには、自分の考えを改めなければいけない。それが自己否定につながるとのことでした。

たしかに相手の話を聞くとき、自分の考えと違うと、途中で会話を遮り、話を否定したくなります。そうしないと自分の考えが間違っているようにおもうから。

しかし、傾聴は相手の話に耳を傾けながら自己否定をし続ける。

とても難しいことですよね。だから人の話を聞ける人が少ないのかもしれません。

行動することで足りないものが分かる

行動をすると自分のチカラの足りなさをとても実感します。

なにも行動してないうちは、自分はなんでもできる!とおもうものですが、実際にやってみるとできないことだらけです。

行動したら、すべて成功することなんてなく、失敗と改善を繰り返しながら成功につながるんだということ学びました。

学べば学ぶほど足りないものだらけ

何でも知っているとおもうことって、何も学んでないということではないでしょうか。

ボクは読書が好きなんですが、読めば読むほど、何も知らないとおもい知らされます。

傾聴が「他者肯定」と「自己否定」の繰り返しだったように、読書も「他者肯定」と「自己否定」だと感じています。

読書をしていると自分に足りないところを思い知らされ、今までの間違いを気づかされます。

読むたびに反省を繰り返す、それが読書であり学びだと思いました。

自分は何でも知っていると思うのは、行動や学びが足りていないんだと、以前の私を振り返って思います。

行動してみえてくるもの

行動して落ち込むこともあります。

でも、それ以上に得られるものが多いのです。

行動をすることによって、「今の自分の現状」「ただただ絶望」「学ぶことの楽しみ」などを感じました。

今の自分の現状を知る

行動をすることによって、今の自分に「何ができるのか?」「何ができないのか?」分かります。自分を知るということはホント大事で、自分を知らないと何をしていいのか分からなくなってしまいます。

先程、ボクは読書が好きと書いたのですが、自分の現状が分かっていなかったときは、好きな本を読むだけでした。そうするとインプットはしているけど効率は悪かったんですね。

しかし、自分の現状を知ってからは、足りないこと、学ばないといけないことを本から学ぶことによって、インプット効率は格段に上がったように思います。

今の自分を知る。それがどれほど大事か学びました。

ただただ絶望

この言葉を見ると、「行動したくない」と思われるかもしれません。

でも、ただ絶望するのではなく、学んでいることに対して、自分のチカラの足りなさに絶望するので、そんなに悪いものではありません。

どちらかというと、今あるチカラと理想とする壁の高さに絶望するという感じです。

でも、取り組んでいくことで壁に近づけるわけですから楽しみもあります。

学ぶことの楽しみ

ボクのなかでは楽しみの要素が大きいようです。

大人になるまで勉強をしてなかったのもあると思いますが、学ぶことの楽しさを大人になって知ることができました。

自分の知らないことに触れ、自分の知識が一つずつ増えていく。

これが楽しくて学び続けているのかもしれません。

意外と大人になって勉強している人って少なくて、少し勉強しているだけで結構な差になってきます。

学生時代より大人になってからの時間が長いのに、大人になってから勉強しない人が多いです。

大人になると自分のペースで勉強できるので、学生時代より学ぶのが楽しいかもしれません。

とりあえずやってみたらいかがですか?

何かやりたいことがあるなら、とりあえずやってみませんか?

うまくいかなければ止めればいいし、うまくいくまでしたいのなら改善を繰り返しながら行えばいいと思います。

何もしないより、何かしてみる方が学ぶことは多いです。

ボクはそう感じましたし、行動し始めてからの方がたくさん学べています。

先に学んでから…とおもうこともあると思いますが、学びは行動に繋げないといけません。

いつか…と思うなら、早くはじめる方がいいですよ!

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000回以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

サロン情報【YURIKAGO】

アクセス

〒103-0014
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
古川ビル3F

半蔵門線「水天宮前駅」6番出口4分

日比谷線・東西線「茅場町駅」4a出口5分

浅草線「人形町駅」A3出口10分

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美腸ピラティスゆうすけのブログ , 2019 All Rights Reserved.