身体から心を元気にする

自分を信じる人は魅力的に見える

ゆうすけ
WRITER
 
自分を信じる人は魅力的に見える
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

カッコよく見える人っていますよね。

背筋が伸び活き活きとしている。

発する言葉に自信がみなぎっていてとても爽やか。

そんな大人に憧れ、なりたいといつも思う。

カッコよく見える人ってとても自信があるように見えます。

自信は自分を信じる力なので自分の可能性を信じている人たちです。

その人たちはとても魅力的でカッコよく見えます。

魅力のある人は自分に自信を持っている

魅力的に見える人は自信を持っているから見ていてカッコいいです。

魅力的な人で自信なく見える人っていないですよね?

自信があるから立ち振る舞に違いが出てきます。

魅力的に見られたいのなら、自信を持つことから始めましょう。

根拠なき自信でいい

自信は必ず実績からくるものなのでしょうか?

たしかに実績の影響は大きいです。

しかし実績ばかりが自信につながるなら、まだ実績をつくれていない人は自信を持てませんよね。

自信は実績だけにとらわれないで、根拠がなくてもいいのです。

子どもを想像してみてください。

子どもは実績がないのに何でも「出来る!」といいますよね。

あの自信が私たちには必要です。

出来ると思えば「出来る!」と自信を持っていい。

それは根拠なき自信でいいのです。

結局自信は、自分を信じる力のこと。

自分が出来ると思えば自信を持っていい。

自信がない時と自信がある時は、自信がある時の方が上手くいきますよ。

視点を変えてみる

自信を持つには入ってくる情報がネガティブな情報より、ポジティブな情報の方がいいです。

物事は誰が受け止めるかによって変わってきます。

同じ物事でも受け取る人の色メガネによって、ネガティブにもポジティブにもなるのです。

ではどうすればいいか?

それは自分の受け止め方で現実をつくるということを認識しておくことです。

物事のどこを見るか?どう受け止めるか?それによってネガティブにもポジティブにもなります。

自信を持ちたかったらポジティブな情報を受け取ることで心が安定します。

自信は言葉から

私たちは言葉によって、気持ちがネガティブにもポジティブにも傾きます。

日本には言霊という言葉があるほど、言葉の力は大きく影響してきます。

自信を持ちたかったら、ポジティブな情報を受け取ること。

そのためには感謝することです。

たくさん「ありがとう」と言うこと。

ありがとう、と言うと物事を受け入れることが出来るようになります。

自分事として捉えることができ、起こったことをプラスに変えれるようになりますよ。

ネガティブな感情も時には必要

ネガティブな感情も時には必要

ポジティブな感情だけでなく、時にはネガティブな感情を持つことも大事です。

人はプラスとマイナスがあって、それぞれがバランスを取り合って生きています。

そのためプラスばかりではなく、マイナスもあって当たり前です。

ネガティブな感情があるから更に成長することが出来ます。

自分の価値観に気づける

ネガティブな感情を持った時、何を嫌と感じたのか?自分が何を大事にしているのか?と自分の価値観と向き合うことが出来ます。

価値観は楽しいことばかりやっていたら気づかないものです。

嫌なことがあり感情がネガティブになって、ひとりで考える時間が出来ることで価値観を考えるキッカケになります。

だから必ずしもポジティブばかりがいいわけではありません。

ネガティブな感情を持つことも時には必要です。

ネガティブな感情はエネルギーになる

ネガティブな感情を持つことで、自分の足りないところを見つめることができ、さらなるパワーアップにつながります。

プラスになるネガティブな感情は、悔しい、情けない、羨ましいなど、もっと自分を成長させたいと思う時に出るものです。

今の自分に満足していたら、ネガティブな感情なんて出てこないでしょう。

今の自分に満足出来ておらず、さらに成長したいと思っているからこそ、ネガティブな感情が生まれてくるのです。

ネガティブ感情が大きいほど大きくプラスに傾く

人はしゃがんで力を溜め込むほど大きくジャンプすることが出来ます。

これは感情も同じでネガティブな感情が大きいほど、プラスとなるエネルギーは大きく、プラスに大きく傾くチャンスになるのです。

大きく落ち込んだからといって、落ち込み続ける必要はありません。

プラスに変えていきましょう。

自分を大きく見せすぎない

自分を大きく見せすぎない

魅力的に見られるために自信は必要ですが、過信をしてはいけません。

過信は自分を貶めることになってしまい、成長する機会をなくします。

何も出来ないからといって自分や相手に嘘をついて大きく見せるのではなく、等身大の自分でいましょう。

欠点があってもOK

等身大の自分でいるということは、長所も短所もあるということです。

カッコつけて良いところばかりを見せるのではなく、自分の欠点も見せて大丈夫。

人に欠点があるのは当たり前で、そこを含めて相手は見てくれるようになります。

未熟な方が応援してもらえる

なんでも完璧にこなすスーパーマンなら隙がなく、相手も入り込めませんよね。

スーパーマンにならなくてもいいのです。

今出来ることを精一杯することで応援してもらえるようになります。

未熟な人でも精一杯努力していれば、人は成長する姿を応援してくれます。

何でも出来る自分を見せるのではなく、今の自分を見せていきましょう。

弱さを認め人に頼ってみる

自分に出来ないこと、得意でないことは、強がらず人に頼ってみましょう。

人は得意なことを伸ばした方が結果が出やすいです。

だから得意でないことを精一杯するよりも、自分が得意なことをする。

そのためには人に頼って、助けてもらいながら進むことが大事です。

自分の出来ないことを見つめて、弱さを認めることで、自分を受け入れていきましょう。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000回以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

サロン情報【YURIKAGO】

アクセス

〒103-0014
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
古川ビル3F

半蔵門線「水天宮前駅」6番出口4分

日比谷線・東西線「茅場町駅」4a出口5分

浅草線「人形町駅」A3出口10分

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美腸ピラティスゆうすけのブログ , 2019 All Rights Reserved.