身体から心を元気にする

自分に自信を持つためには小さい積み重ねを習慣化して成功体験を増やす

ゆうすけ
WRITER
 
自分に自信を持つためには小さい積み重ねを習慣化して成功体験を増やす
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

ふと不安になるときってありませんか?

・自信がなく何をしていいのか分からない

・何をやっても失敗する気がする

・いいイメージが浮かんでこない

不安なときってこんな感じですよね。

自分に自信がなく何をするにしても恐怖心がつきまとう。

恐怖から逃れようとしてもなかなか改善することができなく大変だと思います。

でもそれは、自分に自信がないのが原因なのではないでしょうか。

自分に自信がないと、全ての行動においてネガティブな要素が入ってしまいます。

そうならないためには自分に自信を持つことが大事です。

でもそんなカンタンにできない?大丈夫です。ボクにもできましたから。

何かを大きく変えようとするのではなく、ほんの少しの小さい変化を起こしていきましょう。

成功体験が自信につながる

自信をつけるには成功体験をつけることだと思います。

自信は自身とも書きます。

自信がつくことによって自分自身をより発揮しやすくなる。

自信がないときは注目を浴びないようにコソコソとしていたことが、自信が高まることによって、より個性を発揮できるようになる。

大事な個性を輝かせるために、成功体験をつけて自信を手に入れましょう!

コツコツと積み重ねる

成功体験をつけるには、小さいことをコツコツと積み重ねることが大事です。

一度に大きな変化を起こそうとすれば、生活環境を大きく変えなくてはいけなくなります。

そうすると一回あたりの変化は大きいですが、疲れや今までとの違いの大きさに戸惑い、続けることが難しくなってしまいます。

そうならないためには、小さい変化を少しずつ起こしていくことです。

小さい変化なら今までとの環境の違いに戸惑うことはありませんし、大きく疲れることもありません。

今までの生活にプラスαでなにかやってみることから始めてみてはいかがですか。

結局は継続が大事

自信につなげるためには結局は継続することが大事だと思います。

自信は目に見えない自分の心の問題です。

自分でやりきったと思えるほど、やることで自分を好きになり、自信につながるのではないでしょうか。

なにか始めたとしても、一回や二回程度やったくらいでは自信はつきませんし、やったと言えるくらいでなにかを手に入れたとは言い難いですよね。

ボクもブログやSNSで言葉を毎日書くようになってから、継続している自分に少しずつ自信が持てるようになってきました。

継続する習慣がない人は、まずは好きなことを続けてみることが大事ですよ。

自分にとって自信となればいい

自信は比べようがないです。

だって目に見えないものですから。

だから人と比べようとしないことです。

目に見える外面ばかりに目を向けず、自分の内面にも目を向けていきましょう。

外面を全く見ないということではありませんよ。

目に見える変化や結果も大事です。

これだけ出来た!積み重ねた!と目で見ることで自信になりますから。

でもそれだけではないということです。

見えるものばかりに目を向けていたら、どうしても人と比べてしまいます。

人と比べるのではなく、自分のなかで自信を持つ。

自分で自信を持てると思えることが継続できたら、それで十分だと思います。

習慣化できることはたくさんある

自信につなげるには、一度や二度ではなく習慣化することが大事です。

では習慣化するためには、始めは出来るだけカンタンな方をオススメします。

カンタンに出来るけど、面倒くさいと思って今までやっていなかったことを始めてみてはいかがですか?

小さく変化して毎日続けていきましょう!

カンタンに出来るものを紹介します。

あいさつ

自分からあいさつすることでコミュニケーションを円滑に進めることができます。

自分が遅れてあいさつしてしまったら、どうしても会話が相手より引いた立場になってしまいますが、自分からあいさつすることで気持ちに余裕をもって会話を進めることができるようになります。

あいさつはカンタンに出来て、人とのつながりも出来るので自信をつけるためにオススメです。

読書や勉強

1日5分でいいから始めてみることです。

知らないことを知るということは、考える幅が広くなり視野を広げることが出来ます。

視野が広がると物事を広く考えることが出来るようになるので、気持ちに余裕が出来て自信がついてきます。

アウトプット

アウトプット習慣をつけること。

そうすると自分の知っていることを理解出来ますし、理解していることが増えると自信につながります。

また、アウトプットすると頭の中が整理されるので、モヤモヤしていたことなどが解決したりします。

言葉を変える

ポジティブな言葉をつかうことで、精神的に安定して自信が出てきます。

自信がないときは精神的に不安定なときです。

不安定なときはネガティブな言葉を発しやすくなります。

気持ちが先か、言葉が先か、と言われると、どちらとも先の場合がありますが、言葉を先にポジティブにすることで精神状態をコントロールして安定させることができますよ。

身の周りをキレイにする

机やベッド周り、水回りなど、どこか一つキレイにすることです。

掃除してキレイになると心も落ち着いてきます。

掃除をすることで自己肯定感も高まると言われており、特にトイレ掃除は自己肯定感が高まり自信がついてきます。

毎日掃除をすれば、そんなに汚くなることはありませんので一回の掃除が楽になります。

そして毎日続けて掃除している自分が好きになり自信が出てきますよ。

習慣化するためにはまず始める

何かを続けて行いたいのならカンタンに出来て好きなことがオススメになります。

なぜならカンタンで好きなことなら始めやすいからです。

習慣化するには行動しないと始まりません。

だからできるだけ始めるまでのハードルが低いものを行う。これが大事です。

継続するために、やる気は関係なく、とにかく始めること。

始めてやっていくうちに、どんどん楽しくなってきてやる気が出てきます。

何事もやる気ありきではなく、始めるからやる気が出てくるのです。

だからまず始めることです。

積み重ねを習慣化することで自分に自信をつけよう!

自分に自信をつけるには、自分を信じれるだけの行動をすることです。

その行動が習慣化。自信は自分を信じた結果出てきます。

自分でやろうと決めたことも出来ていないと、自分を信じることが出来ませんよね。

そうならないために、カンタンに出来る好きなことから始めてみてください。

何でもいいので続けることで自信となってきます。

自分はこれだけやったから大丈夫!と思えるようになってくるのです。

周りの目ばかりを気にするのではなく、自分でやりたいことをまずは始めてみてください。

応援してます!

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000回以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

サロン情報【YURIKAGO】

アクセス

〒103-0014
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
古川ビル3F

半蔵門線「水天宮前駅」6番出口4分

日比谷線・東西線「茅場町駅」4a出口5分

浅草線「人形町駅」A3出口10分

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美腸ピラティスゆうすけのブログ , 2019 All Rights Reserved.