心と身体から笑顔に

土台となる肩甲骨は「第二のコア」ともいわれている

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます!イズミです。

「肩が張っているな」

「肩がこるな」

と日々感じていませんか?

肩周りにある骨は、頚椎、胸椎、鎖骨、肩甲骨、上腕骨など多くが存在しています。

その中で今回は、肩甲骨についてお話していきたいとおもいます。

土台となる肩甲骨

肩甲骨には上腕骨が繋がっています。

肩甲骨と上腕骨で構成される関節は「肩甲上腕関節」です。

肩甲上腕関節は、球関節といって可動性が大きい関節になります。

可動性とは、動ける範囲のことです。

可動性が大きいと、安定性が低くなってしまうため、筋肉や靭帯による制動が必要になります。

肩甲上腕関節周囲には多くの筋肉や靭帯が存在しており、安定性を保っています。

肩甲上腕関節の可動性を高めるためにもう1つ必要なのは肩甲骨の安定性です。

肩甲骨が土台となって安定することで、肩甲上腕関節が自由に動けるようになります。

肩甲骨に必要なのは「安定性」

土台となる肩甲骨に求められるのは「安定性」になります。

想像してください……

あなたはクレーン車を操縦しています。

クレーンの先には重い鉄球を吊り下げ、右から左に移動させようとしています。

そんな状況で、クレーン車の足元が不安定だったらどうですか?

 

重い鉄球をコントロールするどころか、持ち上げることも困難ですよね。

足元が安定しているから、先の部分もコントロールできる。

私たちも同じです。

土台である肩甲骨が安定しているから、肩関節が自由に動き、先にある指先をコントロールすることができます。

その指先にはクレーン車同様に、何か物を持つ機会が多くあります。

これは肩甲骨が安定しているからこそ、できることです。

肩甲骨が安定していないと、肩甲骨や上腕骨がブレてしまい、先の方についている筋肉や靭帯が制動しようとして硬くなってしまいます。

これは筋肉が硬くなることや痛みの原因にもなります。

安定性と同時に可動性も必要

土台となる肩甲骨は安定性はもちろんのこと、可動性も求められます。

先ほどのクレーン車の話で例えますと、クレーン車にはタイヤがついているから移動できますよね。

もし、タイヤがついていないと動ける範囲が限られてしまいます。

肩甲骨も同じで、肩甲骨は肋骨の後面に張り付いたような状態となっています。

肩甲骨は、肩甲胸郭関節という関節を胸郭と構成しており、この関節上で可動性が必要になります。

肩甲骨は、肩の動く方向や脊柱の動く方向によって位置が移動します。

動きにあった位置をとることが肩甲骨には求められます。

しかし、肩甲胸郭関節での動きが少なくなってしまうと、肩や脊柱の動きが制限されたりします。

肩甲骨が動かなくなってしまうことで、他の体の部位に影響を与えてしまうことになるのです。

肩甲骨を動かして、安定性と可動性を高める

「安定性と可動性って反対なんじゃないの?」

って思いますよね。

しかし、可動性が高まると安定性も高まります。

※可動性が高まるとは、過剰に動きすぎて制動が効かないのとは違います。

可動性が高まるということは、肩甲骨周囲の筋肉の伸張性が高まるということです。

筋肉は短縮すると、筋力を発揮しにくくなりますが、伸張性があり適切な長さにあると筋力が発揮しやすくなります。

これは張力の関係で、筋肉にも適切な長さがあり、可動性がある関節周囲の筋肉は適切な長さに近くなります。

よって、適切な長さにあると筋力を発揮しやすくなるため、筋肉による安定性も高まります。

デスクワークなどで肩甲骨が固まっていると、周囲の筋肉は短縮し、肩甲骨の可動性も筋力も低下します。

そんな時は、適度に簡単な運動を入れて肩甲骨を動かす時間を作るといいですよ。

 

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2018 All Rights Reserved.