心と身体から笑顔に

私たちにある「過去と今と未来」の三世

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます!イズミです。

私たちは、今を生きています。

過去の選択が私たちを形成し、未来への選択がこれからの私たちを形成していく。

大事なのは今を大切に生きていくこと。

過去や未来に目を向けることも大事ですが、今を生きることが最も大事です。

仏教の言葉に三世とあります。

1仏語。前世・現世・来世、または過去世・現在世・未来世。過去・現在・未来の称。三界。三際(さんさい)。

引用:三世(サンゼ)とはーコトバンク

私たちの中にある3つの世界。

それが三世です。

過去を後悔しない

過去は「過ぎ去ったこと」です。

上記にも書きましたが、私たちが選択してきたことが今につながっています。

過ぎたことを反省して活かすことは大事ですが、過去を後悔するのは適切ではないと思います。

私たちは、そのときの自分にとってベストな選択をしてきたはずです。

後悔してしまうということは、そのときの自分を否定してしまうことにつながるのではないでしょうか。

後々振り返ったら違う選択もあったと感じるのは当たり前のことです。

私たちは常に成長しているのですから。

過去をポジティブに捉えるか、ネガティブに捉えるかは自分次第

過去の出来事が同じでも、現状がどうかによって、ポジティブにもネガティブにもなります。

自分を肯定できる人は、過去の出来事も肯定して生きていることでしょう。

「〇〇があったから」「〇〇さんのおかげで」といったように。

何事もいまの自分につながっていると捉えることができます。

自分を肯定できない人、否定して生きている人は、過去も否定しているのではないでしょうか。

「〇〇のせいで」「〇〇さんがいたから」など常に原因を自分以外のところに見つけてしまいます。

自分に向き合うことなく、外にばかり目を向けてしまうことで、自分に気が付かないのかもしれません。

過去に原因を求めない

過去のせいにしてしまうと、自分をコントロールできなくなってしまいます。

「〇〇のせいで」といったように縛ってしまうと、これからの可能性を狭めることになってしまいます。

過去の起きた出来事によって未来が決まるなら、同じ未来を歩む人が多くいるはずです。

しかし、皆それぞれを道を歩んでいるのは、過去の出来事がすべて未来につながるわけではないから。

常に自分で選択して生きているからです。

アドラー心理学のなかに『目的論』があります。

私たちは、「その目的を達成するために、今の行動をとっている」という考え方です。

目的論で考えると、「私たちは目的を達成するために、自分でその行動を選択している」ことになります。

未来を心配しない

未来は「未だ来ず」です。

今ではなく、今の延長線が未来になります。

今の延長線が未来なら、今を生きることが大事ではありませんか。

私たちは、先の未来のことを心配しすぎています。

ワクワクすることを想像するのならいいのですが、私たちは不安となることばかりを想像してしてしまいます。

未来は今の選択の繰り返し

今どのような選択をするのかで未来がつくられます。

未来は決まっているものではなく、選択しているものの結果です。

自分の理想とする未来を実現するためには、どの選択をすることがベストなのか考える必要があります。

未来は自分を信じることで良い方向にいく

選択して生きていくなかで、必ずしも簡単な選択ばかりではありません。

自分には難しいかもしれない。

というようなことを選択することが必要なときもあります。

そんなとき大事なのは、自分を信じることです。

自分を信じるからこそ、難しいことも選択して進むことができます。

案外、理想とする未来を実現するためには、難しいことを選択しなければならないことのほうが多くあります。

大事なのは今を生きること

私たちは生きているのは今であり、変えることが出来るのも、今です。

過去を消すことは出来ませんし、未来は今を変えないと変わりません。

未来を変えたいのなら今を変えることです。

今どのような選択をするかで、未来は変わってきます。

過ぎ去った過去に、心をあそばせることなく

未だ来てもいない未来に、心を奪われることなく

ただ「今」という一瞬を丁寧に生きることです。

引用:枡野俊明

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2019 All Rights Reserved.