心と身体から笑顔に

腸と脳の関係を知っていますか?腸が整うと健康になり脳にもいい影響が出ます。

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます!イズミです。

あなたは、腸と脳の関係を知っていますか?

腸と脳は密接に関係しており、「脳腸相関」という言葉があるほどです。

腸はそれほど大事な役割を担っています。

脳腸相関とは

「脳腸相関」って聞いたことありますか?

脳腸相関とは、腸と脳の関係性を表した言葉です。

脳の神経細胞は約1000億個存在しており、腸管神経系には約1億個の神経細胞が存在しているといわれています。

神経細胞は脳に一番多く存在し、次いで腸に存在しているです。

お互いに神経細胞が多く存在するため、感覚には敏感に反応します。

たとえば、脳がストレスを受けると、腸は便秘や下痢といった反応を起こします。

反対に腸の調子が悪いと、脳は不安を感じたり、うつ傾向になったりします。

また、腸内細菌が多く存在するほど、ストレスに適応しやすいともいわれており、脳の発達や性格に、腸内細菌は影響を与えているといわれています。

脳腸相関(brain-gut interaction)

脳と腸は自律神経系や液性因子(ホルモンやサイトカインなど)を介して密に関連していることが知られている。この双方向的な関連を“脳腸相関(brain-gut-interaction)”または“脳腸軸(brain-gut-axis)”と言う。つまり、消化管の情報は神経系を介して大脳に伝わり、腹痛・腹部不快感とともに、抑うつや不安などの情動変化も引き起こす。そして、これらの情動変化が副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF:corticotrophin releasing factor)や自律神経を介して消化管へ伝達され、さらに消化管の運動異常を悪化させることになる。例えばストレスによって消化管機能障害を呈する過敏性腸症候群では、ストレス刺激によって誘発されたCRFは視床下部や脳幹にあるCRF type 2受容体を介して胃・十二指腸の運動を抑制するが、一方、CRFはCRF type 1受容体を介して結腸運動亢進を起す。逆に、消化管内腔の粘膜細胞に刺激が加わると、この信号は迷走神経や脊髄救心神経を介して延髄や視床、皮質へ伝えられ、いわゆる“内臓知覚”を形成する。

このように脳と腸は密接に関連しているが、最近では、腸内常在菌と中枢神経機能との関連が注目されており、腸内細菌と脳、腸との相互作用に着目した“brain-gut-microbiota axis”脳ー腸ー腸内細菌軸”という概念も提唱されている。

公益財団法人 日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会

このように、腸と脳は密接に関係しており、脳の影響が腸へ、腸の影響が脳へ影響を及ぼすことは多く見られます。

また、腸内細菌との関係も注目されており、上記に記載した「ストレス適応」や「性格」に腸内細菌が影響するともいわれています。

腸は素直に受け止める

脳は物事を考えて判断しますが、腸は物事を素直に判断します。

たとえば、食事をするとき私たちの脳は目の前にある食べ物が腐っているかなんて考えてもわかりません。

そのため、脳が欲するものを食べてしまいます。

それが体に悪く、健康に害を及ぼすなど関係なく、ファストフードやお菓子など、美味しいと感じるものばかりを脳は求めてしまうのです。

しかし、腸はどうですか?

食べ物が腸に到達した時、もし腐っている食べ物であれば「吐き出す」もしくは「下痢」といった拒絶反応が起きますよね。

腸は体に良いものを素直に感じとり、もし、違うものが入ってきたら拒絶反応を起こします。

また、体に悪いものばかり取り続けると、便秘や下痢といった症状のサインを出します。

このように、脳は体に良い食べ物の判断ができないため、偏食になってしまいますが、腸は食べ物に素直に反応します。

腸の整い方で脳の気分に影響を与える

あなたは「セロトニン」って聞いたことありますか?

私たちの気分に関係しており、「不安」や「うつ傾向」もセロトニンが影響しています。

セロトニンは別名「幸せホルモン」と言われてます。

それは、セロトニンが多く分泌されると幸福に感じるためです。

セロトニンの多くは脳でつくられると以前は思われていました。

しかし、今はセロトニンの多くは「腸」でつくられるということがわかっています。

およそ90%以上のセロトニンは腸でつくられていると言われています。

セロトニンはストレスを感じた時、体を守ってくれるホルモンです。

セロトニンがストレスから体を守る時、腸を収縮させるため、腸の動きが活発になります。

そのため、ストレスを感じた時の防御反応として下痢をしやすくなります。

もし、腸の状態が良くないとどうなるでしょう。

セロトニンのつくられる量は少なくなり、ストレスに対して適応できなくなります。

その結果、脳に影響を与えてしまい、「不安」や「うつ傾向」になりやすくなります。

腸を整えよう

腸と脳がお互いに影響していることはわかって頂けたと思います。

腸の状態は脳に影響を与えます。

脳の状態も腸に影響を与えます。

お互いに密接に関係しているからこそ、両方を良い状態にすることが大事です。

私たちが取り組みやすいのは、腸の状態を整えることです。

腸を整えるために必要なのは「食事」「運動」「副交感神経」です。

毎日の積み重ねなので、少しづつ取り組んでみてください。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2018 All Rights Reserved.