心と身体から笑顔に

適切に前屈できていますか?股関節を使えていない可能性がありますよ。

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます!イズミです。

体が柔らかい、硬いと見る時に前屈を指標とすることが多いですよね。

この前屈の動き適切にできていますか?

適切というのは、腰椎屈曲と股関節の屈曲が行えているということです。

前屈では、腰椎と股関節屈曲のバランスが大事

よく見られる光景に、腰椎だけが曲がって前屈している姿です。

腰椎は、前後に動きが大きいため、前屈などの動作では動かしやすくなります。

そのため、腰椎の屈曲が過剰に出てしまうケースが多々あります。

腰椎の屈曲が過剰になった結果起こりやすいのは「腰椎椎間板ヘルニア」です。

腰椎椎間板ヘルニアは、前屈のように体を前に倒す姿勢で痛みが出てしまいますが、特徴として腰椎の動きが大きいことがあげられます。

その際、股関節の屈曲ができていないケースが多いです。

今は骨盤を適切に保ててなく、骨盤が後ろに倒れていることが多いため、股関節屈曲が適切に行えていません。

股関節の屈曲を適切に行うためには、骨盤を適切な位置に保つことから始まります。

股関節の位置を把握する

正しい股関節の位置はわかりますか?

改めて聞かれると、考えてしまいますよね。

股関節は脚の付け根に当たる部分です。

股割りをすればわかりやすいのですが、結構上の方にあります。

確認する方法として、左右の脚を開いて軽くつま先を外側に向けます。

その状態で、腰を落としてみてください。

脚の付け根のところが伸びてきませんか?

伸びている根元のところが股関節の位置になります。

股関節から屈曲する

股関節を確認できたのなら、股関節から曲げるようにしてみてください。

股関節の位置が確認できていないと、骨盤が後ろに倒れて、股関節が曲がりません。

その結果、腰椎が屈曲してしまい、股関節とのバランスを崩してしまいます。

前屈では腰椎と股関節がバランスよく曲がる必要があります。

腰椎が過度に曲がると腰の痛みの原因になります。

また、ハムストリングスなどの太ももの後面の筋肉が硬いと股関節が曲がらない原因にもなりますので注意が必要です。

もし、ハムストリングスが硬いと思うのなら、ストレッチや運動で柔らかくしていく必要があります。

まとめ

前屈は、腰椎や骨盤の動きをみたり、ハムストリングスの柔らかさなどをみるのに適しています。

前屈がうまくできないと、床に足を伸ばして座ることができないので、前屈の動きを獲得することは大事です。

私たちは、日頃の生活で骨盤が後ろに倒れる動きをしていることが多いため、後面の筋肉が硬くなりがちです。

日頃からストレッチや運動で筋肉のケアをするようにしましょう。

 

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2019 All Rights Reserved.