心と身体から笑顔に

今を見る!呼吸に目を向ける生き方

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます!イズミです。

私たちが絶えずしているのは、呼吸です。

時間に余裕があるときでも、時間におわれているときでも絶えず行っています。

病気になったからといって呼吸をやめることはないですよね。

どんなときも呼吸はしていないといけません。

呼吸は私たちに栄養となる酸素を供給してくれますが、酸素の供給以外にも、「今ここを見つける」ことに関与しています。

今この瞬間を見る

今この瞬間を見る

私たちは、どんなに時間におわれているときでも、今を生きています。

今が積み重なり、過去となり、未来も今を生きることで、未来から今になります。

今を生きて行くことで、過去も未来もつくられます。

しかし、多くの場合、今を見れていません。

今を生きているはずなのに、ここに心あらずの状態です。

過去を考えていませんか。

人は過去のことを考えることが多くあります。

楽しい思い出だったらいいのですが、過去を考える場合のほとんどが、後悔したことです。

今までの過ちを永遠と頭のなかで繰り返し考えてしまう。

それが人の頭です。

過去は「過ぎ去ったこと」です。

もう過ぎ去っています。

未来が不安だと心配していませんか。

過去と同時に考えてしまうのが、未来のことです。

まだ来ないことを不安に思い心配になる。

先のことはわからないので不安に思うのもわかりますが、不安が先走り、今に目を向ける機会を失っています。

未来は、今を見ることで変わってきます。

未来は「未だ来ず」です。まだ来ない未来より、今を見ましょう。

今を大事に!

マインドフルネスは今を見る

マインドフルネスは今を見る

マインドフルネスを聞いたことありますか?

マインドフルネスに関しては、多くの書籍が販売されており、アメリカのIT系のトップの多くも取り組んでいると話題になりました。

マインドフルネスは、今を見ることを行います。

過去や未来ではなく、今に目を向けることです。

マインドフルネスとは

呼吸を意識して、今この瞬間を見つめることです。

今この瞬間も、なにか起きています。

それをしっかり見つめて感じること。それがマインドフルネスです。

私たちには五感があります。

これらの感覚を見つめ、心をひらいて感じること。

そして、感じたことから、なにか学ぶことです。

感覚を感じることまでは普段できていますが、意識せず流してしまうことがほとんどです。

今この瞬間を見つめるとは

  • バニラの香りがする
  • 眠くなってきた
  • 手の先が冷たい
  • 呼吸がはやくなっている

など、今起きていることをそのまま受け取ることです。

呼吸や五感を感じて、今この瞬間を見つめることがマインドフルネスです。

今だけを見る

マインドフルネスでは、今この瞬間を見つめます。

過去のことも未来のことも考えない。

今この瞬間だけです。

マインドフルネスを日本語にすると「気づき」の意味があります。

今起きていることに気づくのがマインドフルネスです。

言葉は現実と仮想の区別がつかない

言葉は現実と仮想の区別がつかない

なぜ、今を見つめることが大事なのか。

それは、言葉は現実と仮想の区別がつかないからです。

現実とは「今この瞬間」で起きていること。

仮想とは「過去や未来」のことです。

頭では、現実と過去の区別がつかず、両方とも考えることができます。

頭のなかでは連想が広がる

マインドマップを知っていますか?

中心の幹となる言葉があり、その言葉から枝分かれした言葉をつなげていく描き方です。

言葉をつなげて広げていくのに適しています。

頭のなかでは、マインドマップのように考えが広がっていきます。

ひとつの言葉から次々と言葉を連想して広がっていく。

それが頭なのです。

仮想の世界で頭のなかを埋めないように

頭は現実と仮想の区別がつきません。

それは、仮想の連想を繰り返していても気がつかないということです。

仮想の世界は今起きていない過去や未来のこと。

これらを連想することは、後悔や不安などの心配で頭のなかが埋めつくされるということです。

仮想の世界で頭を埋めつくされたら、現実である今を考えることができません。

大事なのは今起きていることです。

だからこそ、マインドフルネスで、今この瞬間を見つめることが大事になります。

マインドフルネスと読書をしよう

呼吸に目を向けて今を見つめるためには、マインドフルネスが最適です。

時間におわれる生活では、未来を不安に思い焦る毎日になってしまいます。

そんなときこそ、マインドフルネスで今を見つめること。

今を見つめて懸命に生きる。

そして、もうひとつ大事なのが読書になります。

仮想の世界の言葉で埋めつくされることで困るのは、ネガティブな言葉で埋めつくされることです。

言葉を知らないとネガティブな言葉ばかり頭で連想してしまいます。

読書をして多くの言葉に触れておくことが大事です。

言葉に多く触れると前向きな言葉に出会います。

頭のなかで前向きな言葉が連想できるようになれば、仮想の世界の連想も変わってきますよ。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2019 All Rights Reserved.