身体から心を元気にする

ピラティスで目的を達成するための7つのポイント

ゆうすけ
WRITER
 
ピラティス7つのポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ピラティスインストラクターのイズミです!

最近食欲が増し、そろそろ運動をしないと…ってなっていませんか?

そんな時は、ピラティスがオススメ!

無理な運動負荷をかけることなく取り組めるため、自分の『今』の状態に気がつきやすいエクササイズです。

ピラティスは『量』より『質』を大事にしているエクササイズ。

今回は『質』を高めるために大事にしてほしい7つのポイントをお伝えします。

7つのポイント

1.集中力して取り組む

2.呼吸を意識する

3.コア機能を使う

4.各関節の分離

5.コントロロジー

6.正確な動きで行う

7.流れるような動きで行う

類似したポイントが多いですが、ピラティスで大事にしていることです。

1.集中して取り組む

ピラティスは、体と心をつなげるエクササイズでもあります。

集中して取り組むとは、自分の身体に意識を向けることです。

人は大人になるに連れて、体の感覚が鈍りやすくなります。

『体をコントロールできなくなった…』と感じませんか?

ピラティスでは、

『背骨一つ一つがどのように動いているのか』

『腕の位置は?指先は?』

と体のいろいろな部位を意識しながら動かしていきます。

2.呼吸を意識する

身体に意識を向けるために必要なのは『呼吸に目を向ける』ことです。

ここで一度やってみましょう!

息を吐いて〜

息を吐ききったら、息を吸いましょう〜

息を大きく吸ったら、もう一度、息を吐きましょう〜

どうですか?

胸のところがドクドクなって心臓の動きを感じとれると思います。

頭まで酸素が行き渡る感じがしますよね。

ピラティスでも、呼吸を意識して『息を吸って〜』『息を吐いて〜』と、動きと合わせていきます。

3.コア機能を使う

コア=体幹トレーニングってイメージありませんか?

ピラティスも体幹トレーニングとして取り入れられていることが多いと私は感じます。

コアとは、体の中心となる部位で、お腹周りになります。

お腹周りの筋というと、『腹直筋』を想像するかもしれませんが、腹直筋より深いところの筋を使っていきます。

ピラティスでは、コアに当たる部分を『パワーハウス』といいます。

パワーハウスとは、肋骨の一番下である『第12肋骨から骨盤の上の部分』までの部位です。

パワーハウスは安定化が求められる部位なので、コア機能が活性化することにより、パワーハウスが安定します。

4.各関節の分離

各関節の分離とは、関節が持っている運動範囲を適切な状況の中で動かせること。

たとえば、

肘の動きを伴わないで指先を動かせる。

足首の動きを伴わないで足指を動かせる。

などです。

普段の動きの中で、指先だけ、足指だけ動かす!ってことは少ないですが、

いずれもコントロールできる状態にあることが大事です。

5.コントロロジー

コントロロジーとは『コントロール学』のことです。

運動学的に正しい運動にてピラティスを行い、『体と心、精神の調和』を目指すこと。

ピラティスメゾットの哲学でもあります。

6.正確な動きで行う

ピラティスで大事なのは『質』になります。

動きに関しても、運動学的に正しい動きで行い、無理な負荷のかかるエクササイズはしません。

負荷量が大きければ、必ず体には負担がかかります。

負荷が大きすぎると、体は『代償動作』という、他の部位で補う動きが出現します。

ピラティスでは、代償動作をだすことなく進めて行くことが大事で、負荷量を調節できるエクササイズになります。

ピラティスレッスンはパーソナルを受ける方がいいと言われるのは、個人に合わせた負荷量でできるのが特徴でもあります。

7.流れるような動きで行う

体は各関節の分離を促し、コントロールできるようになることが大事です。

同時に、体の各関節が流れるように連動して動くことも大事になります。

流れる動きを行うためには、呼吸を止めないこと。

そして、各関節をコントロールできるようになることです。

人の体は不思議で、動きが求められる『胸椎』や『股関節』は動きが少なくなり、コントロールできる人が少ないです。

安定性が求められる『腰椎』や『膝』は、コントロールでき、腰椎や膝に意識がいってしまい、痛みの原因になっている印象です。

ピラティスでも、はじめのうちは『腰椎』や『膝』が意識しやすいため、意識がいき、その部位だけ過剰に動いてしまいます。

大事なのは、一部位だけが大きく動くのではなく、各関節が適切な範囲で動き、全身の関節が連動した結果、大きな動きができることが理想です。

『質』を大事にして目的達成に近づこう

ピラティスをはじめると、自分の身体のいろんな部位に意識がいきます。

『背骨ってこんなに動くのか』

『股関節結構固まってたんだな』

私自身ピラティスをはじめてから多くの気づきがあります。

ピラティスのいい点は、外面的に変化がでるのはもちろんのこと、内面的な変化です。

体と心がつながっている。

と理解していると、気持ちに余裕が生まれます。

気持ちに余裕がない時は、筋が緊張(固まって)していることが多いです。

筋が緊張していると、呼吸が浅くなり、精神面が安定しません。

怒りやすい人や、悪いことをする人は呼吸が浅い。

と言われるのも、この呼吸の精神面への影響が多いように感じます。

ピラティスで、体や心から変化できるようになってみたくないですか?

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000回以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

サロン情報【YURIKAGO】

アクセス

〒103-0014
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
古川ビル3F

半蔵門線「水天宮前駅」6番出口4分

日比谷線・東西線「茅場町駅」4a出口5分

浅草線「人形町駅」A3出口10分

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美腸ピラティスゆうすけのブログ , 2018 All Rights Reserved.