心と身体から笑顔に

下っ腹が出てる?ぽっこりお腹の原因は姿勢にある

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます!ピラティスインストラクターのイズミです!

「トレーニングをいくらしてもお腹が出る」

「下腹部が出っ張って、なかなか引っ込まない」

などと悩んでいませんか?

その原因は、脂肪が付いているのではなく、姿勢にあるかもしれませんよ。

ぽっこりお腹の原因

下っ腹が出ているように見える姿勢には特徴があります。

・骨盤が前に出ている

・反り腰気味

このような特徴がみられます。

骨盤が前に出ている

正常に位置から骨盤が前に出ると、お腹の部分が出っ張ったような姿勢になります。

試しに、やってみましょう。

骨盤に手を当てて、そのまま骨盤を前に移動していきます。

足や頭の位置に対して、骨盤だけが出ている姿勢になりませんか?

この姿勢は横から下っ腹が出たように見えます。

骨盤が前に出ている人は、下をみた時に自分の足が見えにくくなります。

反り腰

骨盤が前に移動することに連動して起こることが多いです。

腰の部分の腰椎が反りすぎてしまうことが原因で起きてきます。

腰椎が反りすぎてしまうと、お腹の部分が前に移動するため、下っ腹が出っ張るように見えるのです。

これも試してみましょう。

腰に手を当てて、軽く腰を反らしてみましょう。

その状態で下をみてください。

お腹が出ていませんか?

反り腰気味の方は、お腹に脂肪が付いていなくても、お腹が出ているように見えてしまうのです。

この姿勢は女性に多い

この2つの特徴は女性に当てはまることが多いです。

理由は「関節の可動性が大きいのに対して、筋力が弱い」「ヒールを履く機会が多い」からです。

腰の反りすぎを防ぐためには、腹筋群と背筋群の筋力のバランスが大事です。

2つのバランスが保てていないと、反り腰のような姿勢になってしまいます。

腰は動きの大きい部位になります。

動きの大きい部位を安定させるためには、適切な筋力を保つことが大事になります。

起き上がりなどの腹筋運動で鍛えられる腹直筋ではなく、姿勢保持に必要な腹斜筋群です。

そして、ヒールを履く機会ことが多いことも影響してきます。

ヒールを履くと、つま先に体重が乗ります。

つま先に体重が乗るということは、前方に重心が移動するということです。

重心が前方に移動すると、自然と腰も前方にいきますよね。

ヒールを履いて立っている女性で、腰が丸まっている人は見受けられませんね。

足裏のどこに体重が乗っているかも大事になってきます。

適切な部位に体重を乗せて姿勢を意識しよう

姿勢は簡単に変わるものではありません。

1回、2回ですぐに変化のでるものではないです。

大事なのは、常に意識すること。

1日の大半は、立ったり、座っています。

その時間を意識「する」か「しない」かで変わってくるのです。

足裏の体重を乗せる部位は、ちょうど「くるぶし」の下あたり。

土踏まずの少し後ろになります。

普段、つま先で立っていると大分後ろにいったように感じますが、この部位に乗せると背中が伸びてきます。

なかなか意識することがないと思いますが、ぜひ意識してやってください。

少しの積み重ねが大きな変化となってきます。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2018 All Rights Reserved.