心と身体から笑顔に

自然な笑顔を見てほしい!自然な笑顔を引き出すアプローチ

イズミ
WRITER
 
自然な笑顔を見てほしい!自然な笑顔を引き出すアプローチ
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

「最近笑えてないね。」

「なんか笑顔がぎこちないよ。」

と、言われたことありませんか?

自分では笑っているつもりでも、まわりの人から見たら引きつっているように見える。

どうしていいかわからなくなりますよね。

そんなあなたに、自然な笑顔を引き出すアプローチ方法をお伝えします。

自然な笑顔とは

自然な笑顔は、自分で意識しなくても笑顔ができていることですよね。

意識的に口角を挙げてつくった笑顔ではなく、心の状態に合わせて出てくる笑顔のこと。

そんな笑顔ができたら最高ですよね。

自然な笑顔は感情がポジティブのときにでる

あなたが自然に笑えているときって、どんなときですか…?

「楽しい」「うれしい」「落ち着く」など、ポジティブな感情をもったときだと思います。

人はポジティブな気持ちのとき、自然を笑みがこぼれます。

たとえ、話しをしているだけだとしても。

あなたも心許せる友人と話しているだけで、笑顔になれますよね?

でも、普段の笑顔はぎこちないって言われる…

ポジティブな気持ちになれればいいのに、なぜかできない。

では、なぜポジティブな気持ちになれないのでしょうか。

ポジティブになれないのは身体がゆるんでないから

ほとんどの人の身体は固まっていて、ゆるんでいません。

身体が固まっていると、気持ちも固まってしまいます。

笑顔がぎこちないって言われるのはどんなときですか?

「仕事で焦っている」「初対面の人で緊張している」「イライラしている」など、気持ちに余裕がなく、どちらかといえばネガティブな感情のときですよね。

感情がネガティブのとき、自分を守ろうと身体を硬くしてしまいます。

反対もあり、身体が硬いとき感情がネガティブに。

気持ちも身体もゆるんで余裕がないと、自然な笑顔は引き出せません。

自然な笑顔を引き出すには身体をゆるませる

自然な笑顔を引き出したい!ってときには、身体をゆるませることが大切です。

では、どこをゆるませるのか?

それは、自律神経に影響する「腸」「胸椎」「表情」です。

腸をゆるめて感情豊かになり自然な笑顔へ

私たちが腸を意識するときは、おなかが痛いときぐらいではないでしょうか。

それくらい、腸を意識することは少ないですが、大事な機能をもった部位です。

腸はストレスに反応しやすく、私たちの心がストレスを感じると一緒に反応します。

そして、それを留めてしまい、結果的に硬くなってしまう。

腸は、臓器のなかでも血流量が多い方で、健康とも関わりも大きいです。

免疫系の約70%が存在するといわれており、腸が硬くなると病気にかかりやすくなります。

また、腸は大腸と小腸がありますが、これらは、心臓や肺とつながりがあるといわれており、循環器系や呼吸器系に影響を与える可能性もあるのです。

大事な機能をもった腸ですが、ゆるむことで身体に与える影響も大きいです。

そのひとつが、セロトニンを分泌すること。

セロトニンは、別名「幸せホルモン」といわれ、心を豊かにしてくれます。

気持ちに余裕をつくってくれるホルモンですね。

このセロトニンの約90%以上が腸に存在するといわれており、腸がゆるむことでセロトニンの量が増え、心が豊かになっていきます。

しかし、腸が硬くなって機能が低下しているとどうでしょう。

セロトニンの量は減ってしまい、心に余裕がない状態に。

この状態では、イライラしてしまったりして、気持ちが安定しません。

セロトニンは、精神を安定させる作用もあるため、心の状態に密接に関係しているのです。

胸椎を動かして自律神経のバランスを整えて自然な笑顔に

自律神経に影響を与える部位はたくさんありますが、整えやすいのは胸椎からのアプローチです。

胸椎は、自律神経のひとつである「交感神経」が出ている部位になります。

胸椎の動きが少なく、背中まわりの筋肉が硬い人は、交感神経が優位に。

交感神経が優位になると、常にアクセルを踏んでいる状態と同じになるため、緊張状態が続き、イライラした感情などを誘発する恐れがあります。

怒りやすい人や疲れがとれにくい人は、胸椎の動きが少なく、背中まわりの筋肉が硬くなっている可能性が…

その状態で笑顔をつくろうとしても、身体が固まっていては心はゆるみません。

身体と同じように、心も固まってしまいます。

そうならないためには、胸椎を動かすエクササイズをして刺激していくことです。

胸椎の動きが大きくなり、胸椎まわりは柔らかくなってくると、自律神経のバランスは整えられるため、副交感神経が高まり自然な笑顔を導きだせます。

リラックスできる身体をつくっていきましょう。

頬をゆるめて自然な笑顔に

笑顔ができない人、それは、表情筋が硬くなっている人です。

笑う機会が少ないと、表情筋を動かす機会が少なくなってしまうため、表情筋が硬くなります。

ただでさえ、表情筋が硬いのに、さらに硬くなってしまう。

まさに、悪循環に陥ってしまいます。

なぜ、表情筋をゆるめることが大事なのか。

それは、表情筋は副交感神経と関わりがある筋肉だからです。

表情筋は顔にあるたくさんの筋肉のことを総称して言っています。

表情筋をコントロールする「顔面神経」はこう書かれています。

顔面筋支配の運動神経、涙腺や口蓋腺などの分泌作用制御の副交感神経、および味覚を司る感覚神経を含む混合神経である。

引用:脳神経ー脳科学辞典

筋肉を動かす運動神経、感覚を司る感覚神経、内分泌作用のある副交感神経が含まれています。

運動神経は主に表情筋を、感覚神経は味覚を、内分泌は唾液を分泌しています。

上記3点の組み合わせをみて、なにかイメージされましたか?

そう、上記はご飯を食べるときにつかう組み合わせです。

よく、「誰かとお話しながら食べるとおいしい」といいますよね?

これは、お話しすることで表情がゆるみ、リラックスして副交感神経が優位になることで、唾液の分泌量が増え味覚が冴え渡るからです。

ひとりでご飯を食べるよりも、だれかとご飯を食べた方がおいしいのには、顔面神経を含む、副交感神経が関わっていたのです。

表情筋がゆるむことでリラックスして、副交感神経が優位になる。

これを自らアプローチすることで、副交感神経を高めることができるのです。

それが、頬の筋肉をゆるませること。

頬の筋肉がゆるむのであれば、マッサージでもリラクゼーションでもいいのですが、カンタンにできるのは、軽くつまむことです。

私も良くするのですが、頬を片方の親指と人差し指で軽くつまんで引っ張る。

これだけで、頬は柔らかくなりゆるんできます。

ゆるんだ頬は軽くつまんでも痛くありません。

もし、つまんで痛いのなら、硬くなっている可能性があります。

空いている時間に何度もつまんで、頬を柔らかくしてみてください。

身体がゆるむことで笑顔も自然に

いかがでしたか?

身体と心は密接な関係にあります。

身体がゆるむと心はゆるみ、心がゆるむと身体はゆるむ。

どちらか一方へのアプローチではなく、どちらからもアプローチすることができます。

しかし、心からアプローチするのは結構難しいです。

切り替えろといわれても、心をカンタンに切り替えられないからみんな困っています。

そんなときは、身体に目を向けて身体をゆるめてください。

いままでとは違った感覚を味わうことができると思いますよ。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2019 All Rights Reserved.