心と身体から笑顔に

肩が硬くて上がらない?肩甲骨は動いていますか?

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

最近、肩が重くて上げるのが大変なんです……

こんな悩みお持ちでないですか?

痛みが出ていなくても、「肩が上がらない」ってことはよくあります。

その原因の一つが肩甲骨の動きが悪いことが影響しています。

おはようございます!ピラティスインストラクターのイズミです。

今回は、肩と肩甲骨に関してお伝えしますね。

肩を上げるのは肩関節と肩甲骨の動き

私たちが肩を上げるって時、 肩関節単独の動きではなく肩甲骨の動きも伴っています。

肩関節はどこですか?って聞くと、肩が動くところだけを指す方がほとんどですが、肩関節は全部で5つに分けられています。

 

1.肩甲上腕関節・・・肩甲骨と上腕骨で構成されています。私たちが普段、肩と言っている関節です。

2.第二肩関節・・・機能的肩関節と言って実際に関節が存在する訳ではありません。動きを見る時に使われる関節です。

3.肩鎖関節・・・肩甲骨と鎖骨で構成される関節です。動きは少ないです。

4.胸鎖関節・・・胸骨と鎖骨で構成される関節です。体の中心に近い部分です。

5.肩甲胸郭関節・・・肩甲骨と胸郭で構成されます。これも実際に関節が存在する訳ではありません。肩甲骨の動きは、この関節でみられます。

今回は肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節を中心にお伝えします。

肩甲上腕関節

肩甲上腕関節は「肩甲骨」と「上腕骨」で構成される関節になります。

あなたが「肩」と指差す部分です。

肩甲上腕関節は「球関節」と言われる関節形状をしており、動きの大きい関節になります。

関節の動きが大きい分、安定性が少なく、靭帯や筋肉の機能が大事になります。

肩甲胸郭関節

肩甲胸郭関節は「肩甲骨」と「胸郭」で構成されます。

肩甲骨は肋骨に張り付くような形で位置しているため、この関節上で動くことが可能です。

肩甲骨の運動などで肩甲骨を動かす時は、この肩甲胸郭関節の動きがメインになります。

肩甲胸郭関節は周りの筋肉の影響を受けやすく、周りの筋肉が硬くなっていたり、筋力のバランスが悪いと、肩甲骨の位置が内側や外側にずれたりします。

肩を上げるのは,「上腕骨」と「肩甲骨」の運動

「肩を上げる」と言う時、「上腕骨」と「肩甲骨」が動いています。

※肩の動きは胸鎖関節などの他の関節も影響しますが、今回は書いていません。

肩関節の運動には「肩甲上腕リズム」というのがあり、肩甲骨と上腕骨の動きを表しています。

肩甲上腕リズムは肩の動きには、肩甲骨と上腕骨の動きが協調しているを表しており「肩甲骨:上腕骨=1:2」です。

私たちの肩は真上に上がります。

肩の参考可動域は180°となっており、腕がまっすぐ上に伸びた状態ですね。

180°は肩甲骨と上腕骨が1:2の関係で構成されているので、肩甲骨で60°、上腕骨が120°動くことになります。

肩関節の動き180°

肩甲骨・・・60°

上腕骨・・・120°

単純に上腕骨が動いたとしても、肩甲骨が動かなければ、120°しか上がりません。

肩甲骨が全く動かないことはないのですが、肩甲骨の動きが少なくなっていることは多々あります。

上腕骨と連動して肩甲骨は動いてきます。

このバランスが崩れた時に、肩が上がらなくなることが多いです。

肩甲骨は胸郭に張り付いている

肩甲胸郭関節を構成するのは、肩甲骨と胸郭です。

胸郭は「肋骨」「胸椎」「胸骨」のことで、肩甲骨が接しているのは肋骨の部分です。

肩甲骨の動きは、肋骨上で肩甲骨が動くことによって可能になります。

肩甲骨の動きは全部で6方向あり、この6方向の動きを獲得することで肩の運動が可能になります。

肩甲骨を動かしてみよう

肩の動きが悪いからと肩だけをみるのではなく、肩甲骨の動きもみてみましょう。

想像以上に動きが少なくて驚くと思います。

肩甲骨は、肩関節の運動の土台となる部分です。

土台となる肩甲骨には「安定性」が求められます。

しかし、肩甲骨の動きが少なくなっていると、安定ではなく「固定」になってしまいます。

固定した肩甲骨では、自由な上腕骨の運動を促すことは難しいです。

肩の動きを高めたいなら、肩甲骨の動きを高めることも大事ですよ。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2018 All Rights Reserved.