身体から心を元気にする

笑顔でポジティブになりたいなら必見!笑顔を習慣化する方法

ゆうすけ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

笑顔になると発想が豊かになる

笑顔になると発想が豊かになる

おはようございます!イズミです。

笑顔は発想を豊かにしてくれます。

表情一つで気分が左右され、笑顔をつくることで気分をコントロールできる。

楽しくなりたかったら笑顔になればいいのです。

表情で気分が変わる?

疑いを持つかと思います。

では、表情の違いで気分が本当に変わるのか試してみましょう。

口角を上げて考えてみる

まずは、口角を上げて考えてみましょう。

楽しいことを思い浮かべてもいいですし、ただ口角を上げるだけでもいいです。

楽しい気分になってきませんか?

口角を上げると気分が上がってくるのです。

研究でも明らかにされており、意識的に口角を上げるだけでストレスは軽減して気分が高まると、結果で出ています。

もちろん、楽しいことを思い浮かべて口角を上げる方が効果は高いですが、意識的に口角を上げるだけでも気分は高くなりますよ。

眉間にシワを寄せて考えてみる

次に、眉間にシワを寄せて考えてみましょう。

どうです?

なにか難しいことを考えてる気分になりませんか?

眉間にシワを寄せるだけで気分は低くなってしまいます。

眉間のシワは下を向いた方が寄せやすいため、自然に下を向く機会が増えるんです。

下を向けば、もちろん気分は下がってきます。

あなたはどちらが良かったですか?

あなたは、口角を上げるのと、眉間にシワを寄せるの、どちらが良かったですか?

気分的に自分に合っている方を選択することが大事です。

もちろん、口角を上げる方が良かったと思います。

気分を上げたいときは、上を向いて口角を上げること。

上を向くことで眉間にシワは寄りにくくなるので、気分が低くなりにくいです。

なにか落ち込むことが続いたときは、意識的に上を向くようにしたらいいですよ。

自分次第で笑顔になれる

自分次第で笑顔になれる

楽しいことを選択するも、辛いことを選択するも自分次第です。

楽しいことを選択している人は、必ずしも楽しいことばかりではありません。

困難な場面に遭遇したとき、楽しい方向に持っていく。

どうやったら楽しくなるかを考えます。

楽しそうにしている人と楽しくなさそうにしている人は、同じことをするにしても、楽しそうな人と楽しくなさそうな人に分かれます。

結局、何をするかではなく、何を考えてするかが大事です。

自分の考え方次第で笑顔で楽しむこともできます。

笑うから楽しい

アメリカの哲学者ウィリアム・ジェームズ氏の言葉があります。

We don’t laugh because we’re happy – we’re happy because we laugh.

楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。

引用:William James(ウィリアム・ジェームズ)

順番を逆に考えていませんか?

誰でも楽しければ笑うのは当たり前です。

常に楽しんでいたいのなら笑ってればいい。

笑うことで楽しさが増してきますよ。

楽しむのは意志

悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである。

およそ成り行きにまかせる人間は気分が滅入りがちなものだ。

引用:『幸福論』 アラン

あの人は性格が気楽だからいいなぁー。

なんて思っていませんか?

どんなに明るい人でも悲しむことは必ずあります。

それを人に見せるか、見せないかの違いです。

楽しく楽観的に生きたいなら、自分の意志で選択することができます。

私にはできない。

と思っていたら何も始まりませんが、自分には楽しむ権利があると思って生きていれば毎日が楽しくなりますよ。

どんなことにも意味がある

楽しんでいる人は、どんなことも受け入れます。

起きていることに対して自分にとっての何らかのメッセージだと受け取ることが多いです。

今を楽しんでいない人は、起きていることに対して否定的なことが多いです。

今の現状を受け入れず、何で私なんかに。と受け取ってしまいます。

これはもったいない。

起きることには必ず意味があります。

今の自分に足りない何かを教えてくれるメッセージです。

笑顔を習慣化するためには楽しさを実感する

笑顔を習慣化するためには楽しさを実感する

何事も楽しくないと続きません。

楽しさを実感するからこそ、続けることができます。

笑顔を続けるためには、笑顔の効果を実感することが1番です。

ポジティブな言葉をつかう

普段つかう言葉をポジティブな言葉に変えるだけです。

少しの言葉の変化で笑顔は増えます。

たとえば『すいません』というところを『ありがとう』と言ってみる。

感謝の言葉をつかうと、心が気持ち良くなり笑顔になれますよね。

『ありがとう』『楽しい』『うれしい』『最高』など気分が上がる言葉はたくさんあります。

これらの言葉をつかうことで笑顔は増えます。

朝の時間を大切にする

笑顔が少ないときは余裕がないことがほとんどです。

日常の中に余裕をつくるためには朝少し早く起きることが大事です。

少し余裕の生まれた時間で、コーヒーなどを飲みながらゆっくりすること。

朝の少しの時間ですが、この余裕をつくることで1日の流れは驚くほど変わりますよ。

読書をして思考を深める

笑顔になるためにはワクワクすることを考える発想力をつけることが大事です。

発想力をつけてくれるのは読書。

読書で多くの言葉に触れることで考えの幅を広げ、思考力を深めることができます。

すぐキレるのは、自分の気持ちを表現する適切な言葉を知らないから。

たくさんの本を読んで言葉を知ればストレスは溜まらない。

引用:美輪明宏

美輪明宏さんの言葉です。

とても印象に残っている言葉で、怒りが込み上げてきそうなときに必ず思い出します。

怒りがくるのは自分が言葉を知らないから。

そう自分に言い聞かせて毎回反省しています。

読書して言葉を知ることで表現方法はたくさんあることに気がつきます。

もちろん楽しむための表現方法もたくさん出会えるようになります。

笑顔を習慣化することでポジティブな毎日にしよう

ポジティブが良くて、ネガティブは良くないと言ってるわけではありません。

ポジティブとは、起きたことを受け入れ、前に進むことです。

自分に起きていることを肯定的に受け入れて前に進む。

そのためには、笑顔が欠かすことができません。

毎日笑顔でいることで楽しく前を向いて進んで行きましょう。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000回以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

サロン情報【YURIKAGO】

アクセス

〒103-0014
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
古川ビル3F

半蔵門線「水天宮前駅」6番出口4分

日比谷線・東西線「茅場町駅」4a出口5分

浅草線「人形町駅」A3出口10分

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美腸ピラティスゆうすけのブログ , 2019 All Rights Reserved.