身体から心を元気にする

正しい生き方がわからない20代のボクがしておきたいこと

ゆうすけ
WRITER
 
正しい生き方がわからない20代のボクがしておきたいこと
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

勉強・勉強・勉強でいい大学、いい会社に入って人生を送ることが理想の生き方と言われていた時代もあります。

今も言われているのかもしれません。

でもボクはこの理想の生き方とは無縁の生活をしています。

なぜか?それは、勉強しろ!と言われて育っていないので、理想の生き方と言われている価値観がもともとボクの中にないのです。笑

なのでまわりの声に惑わされることなく生きることができています。

自分の中で楽しいと思えるか?

それが一つの判断基準になっているような気がします。

でもこれって普通とは違うみたいです。

多くの人が「正しい」と言われることに惑わされて、なにが正解なのかわからなくなっています。

もともと正解なんてない。

それなのに正解を求めようとしてしまう。

だから迷ってしまうのではないでしょうか。

正解の生き方なんてわからない

社会人となって気がついたことは正解はないということです。

絶対に正しい答えなんてなく、自分で考えて行動していかなければなりません。

どっちが正しいんだろ、と自信がなく不安なときは迷うものです。

でも、どっちを選ぶにしても後で、反対の方が良かったと思ってしまいます。

それが人間です。

どっちが正解か分からないし、どっちが正しいかなんて分からないもの。

そして、自分が選んだ方と反対の方が必ず良く見えます。

どんなに反対の方が大変で辛いものでもです。

だから何かしようとする前に、どっちが正解かばかり考えずに楽しそうな方を選べばいいと思います。

いままで正解より失敗の方が多い

今までの人生を振り返ってみてください。

何事もなく上手くいったことって何回ありますか?

きっと数えれるくらいだと思います。

ボクは多分一回もありません。

それほど全部が正解して上手くいくなんて奇跡に近いこと。

どこかで何かしらの失敗を経験します。

失敗をして学ぶことで改善し、上手くいくようになってきます。

失敗なくして上手くいく方法を考えてないで、早く行動して失敗を繰り返しながら進む方が早いのでないかと思います。

正解なんてない

生き方に正解なんてないと思います。

幸せに感じることも人それぞれですし、今までの生き方も、今の生活スタイルも違うのに正解がある方が不思議です。

正解だと思えるものは自分が作るもので、自分の信念に基づいた行動を選択していけばいいと思います。

20代は失敗が笑って許される

ボクが20代でやっておきたいことは、挑戦を繰り返して失敗を多く経験しておくことです。

もともと行動力があると言われる方で、後先考えずに行動することが多いのですが、今25歳(R1年6月現在)でも笑ってもらえることが多いです。

笑ってもらえるというより、バカにされているのかもしれませんが、まわりの人より多くの経験を得ていると思います。

今のところ失敗を繰り返して心配される年齢ではないので、今のうちに多く挑戦して経験を積みたいと思っています。

もし、もっと年齢が高い状態で行動しようとしたら、失敗が怖くて行動に移すハードルが高くなることでしょう。

年齢が上がるほど、プライドも高くなってしまうので失敗を恐れてしまう。

でも、今のうちに失敗を多く経験しておくことで失敗への恐れは少なくなると思います。

だからいまこそ、いっぱい行動しておくべきだと思っているのです。

失敗から学ぶ

行動して失敗ばかりでは成長はありません。

必ずしなければならないのが改善です。

たとえば、行動➜失敗➜行動➜失敗では、失敗が何も活かされていません。

行動➜失敗➜分析➜改善➜行動とつなげていくことが大事です。

失敗を分析して、失敗を次に活かす。

そうすることで成長につながってきます。

この流れを高速で行うことによって人よりも成長できるのではないかと思います。

20代でしたいこと

20代は失敗しても笑って許されると思っています。

だから行動して経験を増やしたいと思っています。

たくさん経験して、視野の広い心の豊かな30代に突入するのがボクの目標です。

そこで20代でしたいことを書き記しておきます。

今後どんどん書き加えられていくことでしょう笑

年間300冊は本を読む

ボクが大学生のときから唯一続けていることです。

細かい冊数を記録している訳ではありませんが、年間350~400冊近くは読んでいると思います。

勉強だからというわけではなく、ホントに趣味みたいな感じです。

ボクは読書によって考え方が大きく変わったので、読書の影響をかなり受けています。

だから生活から読書をなくすなんて不可能。

ではなぜ、したいことに書くかといいますと、好きな本を好きなときに読めるようになりたいから。

そのためには、時間と経済的な余裕が必要になります。

いまでも読むことができていますが、好きなだけ買うことができていないので20代のうちに好きなだけ買って読めるようにしたいです。

全都道府県を旅する

日本に住んでいながら、ほとんどの都道府県に行ったことがありません。

自分で訪れて身体で感じることは大事なことで、実際に行くからこそ、分かることが多くあると思います。

この旅をしたいのも読書による影響です。

大学生のときに読書にハマるキッカケとなったのが、一人旅に関して書かれている自己啓発本でした。

その本をキッカケに読書にハマり1人旅に興味を持つようになりました。

1人でなくてもいいですが、全都道府県を制覇するのは20代のうちの目標です。

海外旅行で10カ国以上行く

海外って異なる文化ばかりで新鮮な感覚を得ることができます。ボクが行ったことがあるのは韓国とアメリカですが、どちらも楽しかった記憶ばかりです。知らない文化に触れることで視野も広がり、心も豊かになると思います。海外を多く経験することで人としての幅を広げていきたいです。

美腸ピラティスのスタジオをつくる

ボクの東京での一つの目標です。

ボクを変えてくれた腸と姿勢に特化した美腸ピラティススタジオをつくること。

それが東京での目標です。

自分のスタジオを持つことでレッスンを多く持つことができますし、できることが増えます。

そしてピラティスマシーンを取り入れたレッスンなどもやっていけるようになるのが目標です。

みんなが集まれるたまり場をつくる

居心地のいい空間、それはボクにも、みんなにも必要な空間だと思います。

来るだけで落ち着けてリラックスできる空間を提供できたら最高ですね。

まわりの人を笑顔にする

ボクがセラピストになったときからずっと目標にしていることです。

何かひとつにこだわるのではなく、いろんな手段を使いながら相手を笑顔にする。

手段はひとつではなく、相手に合ったものを提供していく。

そのためには、自分が多くのことを経験して、提供できるものの幅を広げておかないといけないと思います。

もっともっと勉強して笑顔になる人を増やしていきたいです。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000回以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
美腸ピラティスで『腸』と『姿勢』にアプローチして自律神経を整えていきます。自律神経が整うと身体と心がスッキリして笑顔になれます。 美腸ピラティスを通して、笑顔輝くあなた本来の姿を手に入れましょう!
詳しいプロフィールはこちら

サロン情報【YURIKAGO】

アクセス

〒103-0014
東京都中央区日本橋蠣殻町1−18−1
古川ビル3F

半蔵門線「水天宮前駅」6番出口4分

日比谷線・東西線「茅場町駅」4a出口5分

浅草線「人形町駅」A3出口10分

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美腸ピラティスゆうすけのブログ , 2019 All Rights Reserved.