心と身体から笑顔に

言葉につかわれている身体

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます!イズミです。

突然ですが、日本語ってすごくないですか?

「ひらがな」「カタカナ」「漢字」と文字だけで3種類もあります。

そして、言葉に込められている意味も、想像しているより深いものばかりです。

私もいままでは言葉の意味とか、あんまり考える機会なかったのですが、読書量が増えるにつれ、言葉に興味を持つようになりました。

本当に意味深い。

そして、私は身体のことを専門としているので、身体をつかった言葉が多くあることに興味を持ちました。

「腹が立つ」

「胸を張る」

「懐が深い」

など、体をつかった言葉は多岐に渡ります。

身体をつかった言葉は、その部位の特徴を捉えている

身体をつかった言葉は、その部位の特徴を捉えています。

言葉をつくった昔の人たちは、身体の感覚がとても優れていたと言われています。

今の時代に生きる私たちは、身体の感覚が鈍ってきています。

たとえば「腹が立つ」は、腹の位置に存在する「腸」の感覚のことを言われていました。

腸は、脳に次いで神経細胞の多い部位と言われています。

そのため、感覚には優れており、身体の変化をすぐに感知します。

もし、ストレスを感じるようなことがあると、腸が反応するのです。

その感覚を昔の方たちは持っていたため、怒りを表す言葉として「腹が立つ」をつくったのです。

これは、「頭にくる」とよく言う現代の使い方とは違いますよね。

身体が受け取った感覚をそのまま表しています。

あなたは身体の感覚を捉えていますか?

あなたは自分の身体が、どのように反応しているか理解していますか?

まず、身体の骨や筋肉、内臓に目を向けてみてください。

身体に目を向けると、変化を感じ取ることができるようになってきます。

「腹が立つ」であれば、腹部にある組織を想像し、怒りが起きた時の変化を感じる。

「胸を張る」なら、胸にある組織を想像し、自信を持っている時はどのようになっているかを感じる。

「懐が深い」なら、心に余裕がある時、脇腹周囲の組織はどのように動いているのか、変化しているのかを感じてみてください。

普段の身体との違いがあると思います。

からだ言葉は身言葉

運動科学を研究されている高岡英夫先生という方がおられます。

高岡先生は「身体意識」と言う言葉をつかわれており、それは「文化のDNA」と言われていました。

文化のDNAは、音楽・舞台・スポーツなど、それぞれに文化があり、必要とされる身体機能に共通している点がある事。

そのため、身体意識は、「人間の本質」であり「偉大な力をもたらす」という事です。

身体意識では、身体の感覚が優れている方が高い状態にあります。

この身体意識が高い方たちは、身体を感じていたからこそ、「からだ言葉」をつくったと思われます。

高岡先生は「からだ言葉」を「身言葉」として使われています。

「身言葉」は「身」と「言葉」が組み合わさったもの。

身体の感覚が優れていたからこそ生まれた言葉です。

身体を感じることで「身言葉」の深みを知る

自分の身体を理解していない状態で身言葉を使っても、言葉の意味に感動することはありません。

以前の私がそうでした。

身体の筋肉は硬く、内臓の動きや呼吸に目を向けていない時は、身言葉に反応することはなかったです。

もちろん、触れてはいたと思いますが、感動するほど読んだ覚えはありません。

しかし、筋肉のケアをし始め、呼吸に目を向け、内臓の動きを感じるようになると「身言葉」を見ると意味を考えてしまいます。

「どういった感覚があったから、この言葉ができたんだろうか?」と。

身体の感覚がわかっていなかった時には、想像もしないことです。

身体の感覚が優れると、反応するポイントも変わってきます。

ぜひ、この感覚をつかむために、身体を感じ取ってみてください。

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2018 All Rights Reserved.