自律神経を整え身体の不調を改善する

美腸ピラティス【東京日本橋】

身口意を知っていますか?私たちに大事な「姿勢」「言葉」「心」を正すこと

ゆうすけ
WRITER
 
身口意を知っていますか?私たちに大事な「姿勢」「言葉」「心」を正すこと
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
「便秘」「冷え性」「生理痛」「頭痛」「肩コリ」など、女性特有の悩みを身体を変えることで改善する身体の専門家。90%以上の女性が、身体の悩みが解決し、心が前向きになったと嬉しいお声をいただく □25000回以上の身体の不調・パフォーマンスアップの施術を経験 □担当した方のゴルフベストスコア86が、たった1回の施術でベスト更新,現在ベストスコア78 □長年便秘に悩んでいた30代の女性がピラティス・食事改善に取り組むことで便秘を解消 学生時代、身体の不調が多く長年の便秘に悩む。春先には花粉症を発症し、花粉症から喘息になるのが季節の変わり目は恒例。大学で身体の専門分野の勉強を開始し、自分自身の身体で様々な健康法を体験。その結果、大学進学以降は、便秘、花粉症、喘息など一度も発症していない。様々な健康法に取り組むなか、【腸活】と【ピラティス】の素晴らしさに惚れ込み現在の活動となっている。 夢は、腸活とピラティスを通して、不調に悩む女性を笑顔にすること 趣味:ぼーっとしながらの散歩と読書

心がソワソワしているとき、あなたはどうしますか?

散歩、テレビ、買い物、など、いろいろあることでしょう。
私は、心を落ち着かせたいとき、読書をして本の言葉からヒントをもらうことがあります。

分野は問わず読むことが多いですが、心を落ち着かせるとなったときは、禅の本を読むことが多いです。
禅の言葉は、心を落ち着かせてくれるとともに、新たな気づきを与えてくれます。

身口意も、その言葉のひとつです。

身口意とは

身口意を正す
三業を整える

身口意とは、禅の言葉のひとつで、「身業」「口業」「意業」のことです。

「三業を整えよ」と言われることがありますが、三業は「身業」「口業」「意業」を表しています。

身業は姿勢に気をつける

身業は、「身」や「体」を表します。

身や体ですから、姿勢を表しているのです。

姿勢を整え、見た目を正す。

これが身業です。

口業は親切な言葉をつかう

口業は、「口」や「言葉」を表しています。

「丁寧な言葉を発する」ことが大事になり、「相手のことを考えて発する」親切な言葉づかいが求められます。

日本には、言霊という言葉があるほど、発する言葉を大事にしているんです。

意業は柔軟な心をもつこと

意業は「意」や「心」を表しています。

心は、なんでも受け入れる寛容な心であるとともに、何にでも対応できる柔軟な心を求めています。

何か物事が起きたときに、瞬発的に感情で反応するのではなく、一旦受け入れるて状況に合わせた対応ができる心です。

姿勢・言葉・心を手に入れる

身口意で大事なのは、「姿勢」「言葉」「心」でした。

この3つを整えることで、私たちは磨かれ、成長していきます。

では、この3つを磨いていくには、どうしたらいいのでしょうか。

手に入れるための方法をお伝えします。

姿勢を手に入れるにはピラティスがオススメ

「姿勢を整える」となったときにオススメなのがピラティスです。

ピラティスは正しい運動で、姿勢を改善させる効果が期待できます。

自重で行う運動なので負荷がそれほど大きくなく、体への負担は過度にはかかりません。

そして、ピラティスをすることで、自分の体をコントロールできるようになり、自分の体の状態に気がつくきっかけにもなります。

ピラティスの理論とは?私がピラティスを選ぶのは心に目を向けるエクササイズだから

言葉を手に入れるには読書がオススメ

「丁寧な言葉づかいを手に入れたい」

そう思うのであれば、読書がオススメです。

私たちは、知っている言葉しか発することができません。

言葉を知らないと、同じ言葉ばかりをつかい回してしまいます。

そこで大事なのは、多くの言葉に触れる機会を持つことです。

それが読書です。

本ではたくさんの言葉と出会うとともに、著者によって言葉のつかい方が違ってきます。

自分にあった著者を見つけることも読書の楽しみです。

心を手に入れるには姿勢と読書

「寛容で何にでも対応できる柔軟な心」

そんな心を持つためには、幅広い視点と考え方をもっておく必要があります。

それをつけるのが、姿勢と読書です。

視点を広げるためには、視野を広くする必要があります。

視野は顔を上げることで広くなるため、姿勢を正していることが大事です。

正しい姿勢でいることで、視野は広くなります。

寛容で柔軟な心をもつには、言葉をたくさん知り、その場にあった適切な言葉を選択することが求められます。

美輪明宏さんの言葉にあります。

すぐキレるのは、自分の気持を表現する適切な言葉を知らないから。

たくさん本を読んで言葉を知ればストレスは溜まらない。

引用:美輪明宏

適切な言葉を選択することで、物事を寛容に受け止め、柔軟に対応できるようになります。

そのためには読書が必要です。

ピラティスと読書で「姿勢」「言葉」「心」を磨いていく

身口意の表す「姿勢」「言葉」「心」と、ピラティスが目指す「体・心・精神の完全な調和」は似ています。

ピラティスをすることによって、「体=姿勢」と「心」を手に入れることはできますが、言葉を手に入れるためには読書が欠かせません。

ピラティスに読書を加えることによって、言葉のつかい方に幅が出て、心の寛容さや、心の柔軟性も増していきます。

私たちは「姿勢」「言葉」「心」を磨いていく必要があります。

磨いていくために、ピラティスや読書をしてみませんか。

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうすけ
「便秘」「冷え性」「生理痛」「頭痛」「肩コリ」など、女性特有の悩みを身体を変えることで改善する身体の専門家。90%以上の女性が、身体の悩みが解決し、心が前向きになったと嬉しいお声をいただく □25000回以上の身体の不調・パフォーマンスアップの施術を経験 □担当した方のゴルフベストスコア86が、たった1回の施術でベスト更新,現在ベストスコア78 □長年便秘に悩んでいた30代の女性がピラティス・食事改善に取り組むことで便秘を解消 学生時代、身体の不調が多く長年の便秘に悩む。春先には花粉症を発症し、花粉症から喘息になるのが季節の変わり目は恒例。大学で身体の専門分野の勉強を開始し、自分自身の身体で様々な健康法を体験。その結果、大学進学以降は、便秘、花粉症、喘息など一度も発症していない。様々な健康法に取り組むなか、【腸活】と【ピラティス】の素晴らしさに惚れ込み現在の活動となっている。 夢は、腸活とピラティスを通して、不調に悩む女性を笑顔にすること 趣味:ぼーっとしながらの散歩と読書

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美腸ピラティス【東京日本橋】 , 2019 All Rights Reserved.