心と身体から笑顔に

若さは『脊柱のしなやかさ』で決まる

イズミ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

「お若いですね」

こう言われて、嬉しくない人はいないですよね。

どんな人でも「若いですね」と言われたら笑みがこぼれるものです。

どうも!ピラティスインストラクターのイズミです。

最近寒くなってきましたね。

寒さのせいか、体が丸まった状態の人を多く見かけるようになりました。

丸まった体にはエネルギーを感じられず、実際の年齢よりも上に見えるのではないでしょうか。

せっかくなので今回は、若さについて書いていきたいと思います。

若さの基準って?

「〇〇さん若いよね」

ってよく耳にしますよね。

多くの人が言っている言葉ですが、「若い」とはどこを基準に言っているのでしょうか?

肌ですか?

年齢ですか?

シワの数?

活動量?

食べるもの?

このように基準がどこにあるのか決まっていません。

多くの人は「見た目」で判断しているように感覚的に思います。

見た目であれば、「肌」や「シアの数」「笑顔の量」ですかね?

もしかすると、「心の若さ」もあるかもしれません。

心の若さであれば、自然と笑顔に反映しますね。

では、ピラティス氏の言う「若さ」はなんだと思いますか?

そう、タイトルにあるように「脊柱のしなやかさ」です。

若さ=脊柱のしなやかさ

若さに影響するものは「脊柱」です。

ピラティス氏は、「脊柱のしなやかさによって若さが決まる」と言っています。

現実に人生を通じて、脊柱によって与えられている自然な本来のしなやかさの程度によって絶対的に確実に示される、ということを証明します。30歳であっても、もしあなたの脊柱にしなやかさがなくて硬ければ、あなたは老いています。60歳でも、もし十分にしなやかさがあるのなら、あなたは若いです。

いくら年齢が低くても、脊柱が硬くなっていれば若いとは言えません。

反対に、年齢を重ねても脊柱にしなやかさがあれば若いと言えます。

脊柱の動きと言うのは、精神的な明るさに直結してきます。

「明るさ」とは、「笑顔の多さ」であったり、「前向きな性格」「切り替えが早い」と前に進もうとする人に見られるものです。

姿勢による気分の変化

「脊柱にしなやかさによって決まる」と言われてもピンときませんよね。

脊柱のしなやかさは、周囲の筋肉や神経に影響を与えます。

そして良い姿勢へと近づいていきます。

脊柱のしなやかさは、すぐに手に入るものではないので、姿勢による気分の変化を試してみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①骨盤を起こして、脊柱を伸ばします

②骨盤を倒して、脊柱を丸めます(猫背のように)

この2つの姿勢で試していきましょう。

気分の話だったので、まずは気分の変化からします。

・①の姿勢で、今日楽しかったことを思い出してみましょう。

・②の姿勢で、今日楽しかったことを思い出してみましょう。

どっちがたくさん思い出しました?

きっと①の姿勢の方がワクワクしながら次々と思い出せたと思います。

②の姿勢ではどうでした?

本当に楽しかったのかなー?……と思うほど、ワクワクしなかったと思います。

次は体の軽さ

・①の姿勢で、右肩をあげてみましょう。

・②の姿勢で、右肩をあげてみましょう。

どっちが、あがりやすいですか?

これは①の方が圧倒的にあがりやすいと思います。

あがりやすさだけではなく、力の入り方も変わってきて、①の方が圧倒的に力が入ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姿勢によって、私たちは簡単に変化することがわかって頂けたと思います。

姿勢を少し良くするだけで、気分も力も変わります。

どっちがいい?と言われたら、①を選ぶことでしょう。

しかし、ほとんどの人が体が丸まった、②の姿勢をしています。

これでは、前向きに進むことができず、心が疲れるということがわかると思います。

脊柱のしなやかさを手に入れ、新たな視点を手に入れる

普段、疲れることや、暗い気持ちになるのも姿勢の影響かもしれません。

脊柱のしなやかさがないことで、常に力の入った状態なのではないでしょうか。

常に力の入った状態では、力を発揮することはできません。

弓の弦のように、張る時と緩む時が必要です。

これがあることで、より強い力を発揮でき、遠くに飛ばすことができます。

最後に、考え込んでしまいやすい人、落ち込みやすい人は、上を向いてください。

おでこを上に向けてみることです。

おでこを上に向けると、眉間にシワがよりません。

眉間にシワがよらない状態で、考え込んだり落ち込むことは難しいので、自然に解決しますよ。

 

ストレスは腸と姿勢から影響を受ける!

無料で腸と姿勢が与える影響を簡単にお伝えします

日々感じているストレスは、腸と姿勢からの影響を多く受けています。

今まで10000人以上の施術を経験させていただき、気づいたことは、姿勢の影響は大きいということ。

そして、気持ちや気分によって腸は変化しやすいということです。

ストレスへの解消法はいろいろありますが、腸と姿勢の観点からの解消法はあまりないと思います。

今回は、腸と姿勢といった、あなた自身の身体の観点からストレスへの解消法をお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
イズミ
ストレスに向き合えるように『腸』『姿勢』にピラティスを通してアプローチして自律神経を整えていきます。笑顔を見つけましょう! 毎日、趣味の読書をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自律神経を整える美腸ピラティスglee , 2018 All Rights Reserved.